妊活 自宅

病院に通わなくても自分の家でできる基本的な妊活の方法について書いてみます。
MENU

自宅で出来る基本的な妊活方法

妊活は、未来の自分たちの愛しい我が子に会うために必要な時期ですが、その期間が長引けば長引くほど、辛い気持ちになることもあります。少しでも妊娠力をアップさせるために、自宅で出来る妊活を私もしていました。

 

そしてそれでだめだったら、病院での治療を考えていました。すでに治療中の方も、自宅で出来ることはたくさんあります。その中でも、効果があったと感じたことを挙げていきます。

 

まずは体の新陳代謝を上げること。妊娠しにくい体は、冷えやすい、血行が悪い、血がドロドロなど血液に流れの良し悪しに関係してきます。

 

バランスのとれた食生活

 

血行をよくするには、適度な運動、水分摂取、バランスのとれた食生活、甘いものなど間食を避けるなど生活習慣を見直すことからはじめます。便秘がち、肥満気味、また冷え性の自覚がある場合は、これらを改善していきましょう。

 

また過度なダイエットや運動はやりすぎも逆効果ですので、ジョギングやウォーキング程度で済ませましょう。または体を芯から温める半身浴でもOKです。肌寒い日は靴下も履くようにしましょう。

 

冷えは蓄積され、不妊の原因となります。こうした生活習慣の改善が、実は自宅で出来る1番の妊活です。ただ、それを毎日持続させるのはなかなか難しいという人もいます。体質が改善されても妊娠しにくい場合は、毎月の基礎体温から原因を考えてみましょう。

 

排卵があるか、高温期は14日程度あるか、低温期高温期2層に別れているかなど、妊活にはそうした基本的な情報は必須です。毎朝婦人体温計でグラフをつけ、検査のときにも病院に持っていくようにしましょう。

このページの先頭へ